CSイースター

イースターおめでとうございました(^ ^)

 

「イースター」というのは、十字架にかかって死んだイエス・キリストが、三日目に死から復活したことをお祝いする日です。

 教会では、伝統的にイースターの日に「タマゴ」を隠して探すという「イースターエッグハント」という遊びをします🥚🥚

なぜタマゴかというと、見た目には全然動かないタマゴから新しい生命が生まれてくるということで、「死からの復活」のモチーフになるとされているらしいです🐣

 

豊橋福音聖書教会の CS (教会学校) でも、毎年このイースターエッグハントを行なっています。

が、今年は、牧師が「毎年同じだと飽きちゃいますね」みたいなことを何の気なしにポロっと言ったところ、多才で優秀なスタッフ陣があっという間に新しいことを企画してくれました笑

すげぇ!!

 

そんなわけで、写真がその様子です。↓ ↓ ↓ ↓

 

どうやらタマゴ型の容器に、シールやらなんやかんやで装飾しているようです👀

実は、イースター一週間前の CS は一年間の感謝会ということで、みんなでタマゴ型の容器にプリン🍮を作って食べたんですが、一週間後、その容器に装飾して、土と多肉植物を入れて育てよう!!ということをやってみたんです(・∀・) 

子どもたちはそれぞれ好きなものを貼って、自由な装飾をしていました。

海の生物のシールを貼って、ラインストーン (なんかちっさいキラキラの石みたいなシール) をプランクトンに見立てたり、「僕はタコが好きだ!」とタコを貼ったり🐙

子どもの想像力は無限大です。なぜか海寄りですけど ϵ( 'Θ' )϶🐟🐠

みんな、しっかり面倒見るんだよ笑

 

植物といえば、緑色も生命力やいのちを連想させる色です。

植物を育てるっていうのもイースターとかかっていて、めっちゃいいじゃないか!!とブログを書きながら思ってます笑

 

イエスさまの死からの復活が無ければ、神さまと共に生きる「永遠のいのち」は私たちに与えられませんでした。

子どもたちには、その永遠のいのちをしっかりと受け取ってもらいたいなと思います🥚🌵

うちにももらいました。

名前は「ちくわ」です。

装飾はありません。